Archive for the ‘news’ Category

[補助金を活用したシステム導入]「事業再構築補助金」の第1回公募が開始されました

2021-04-01

令和2年度第3次補正予算「中小企業等事業再構築促進事業」の第1回公募が開始されました。


第1回目公募期間

2021年3月26日(金)~2021年4月30日(金)18時

概要

令和2年度第3次補正予算「中小企業等事業再構築促進事業(事業再構築補助金)」は、新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等を支援するものです。コロナの影響で厳しい状況にある中小企業、中堅企業、個人事業主、企業組合等を対象とします。

補助金を活用したシステム導入にご興味がある企業様はお気軽にお問い合わせください。

[Webセミナー](事例紹介)同業者お断り!定着率100% 実績班長を使った工程進捗管理
2021/4/27(火) 13:30~14:00

2021-03-30
こんにちは。
テクノシステムセミナー事務局です。

ものづくりにかかわる皆様に、デジタル化に関するオンラインセミナーのご案内です。
最近、現場のデジタル化について非常に多くのお問い合わせをいただくようになりました。
中でも初めて現場のデジタル化を進める際に実現したいこととして工程進捗管理に関するご要望を数多くいただいております。

皆さん、こんなお悩みはありませんか?
「現場の進捗管理をしたいけど、現場が使ってくれるだろうか?」
「前回現場の見える化システムを導入したけど失敗した。」
「現場は今のやり方を変えるの嫌がるからなぁ...」

システムご提案時に、必ずお聞きすると言っても過言ではないお悩みかと思います。
現場が受け入れてくれて、結果として工程進捗管理を実現できる仕組みはどう作ればよいか。
お客様にお使いいただいている事例を交え、システム構築事例について説明させていただきます。

ご興味がございましたら是非お申し込みください。

※本セミナーは昨年8月に開催したセミナーと同じ内容になります。

 

開催概要

開催日時 2021/4/27(火) 13:30 ~ 14:00
講師 テクノシステム株式会社 金田 雅也
タイトル 同業者お断り!定着率100% 実績班長を使った工程進捗管理
形式 Zoom(ウェビナー)
対象 製造現場でカイゼン活動を行うすべての皆様(最大100名)
参加方法 下記参加お申込みフォームよりお申込みください

テクノシステム株式会社 TEL: 受付時間:平日9:00~17:00

[Webセミナー]生産性を向上させる4M分析
2021/4/13(火) 13:30~14:00

2021-03-30
こんにちは。
テクノシステムセミナー事務局です。

ものづくりにかかわる皆様に、4M分析を活用した生産性向上に関するオンラインセミナーのご案内です。

近年、企業が競争力を維持・強化していくためにデジタル技術が活用されるようになってきており、ものづくりの現場においてもデジタル化の波が押し寄せてきています。

サプライチェーンを巻き込んだ新しいサービス・ビジネスの展開や、デジタル技術を活用したスマート工場化といったDXの事例が公表されており、DXへの取り組みが必要不可欠になってきました。

一方、ものづくりの現場ではDXへの取り組みとともにデータとデジタル技術を活用した新しいカイゼンが求められるようになっています。

本セミナーでは「生産性を向上させる4M分析」と題して、4M分析の切り口を使って、データとデジタル技術をもとにどのようにしてカイゼンを進め、生産性を向上させるかをお話しいたします。

ご興味がございましたら是非お申し込みください。

 

開催概要

開催日時 2021/4/13(火) 13:30 ~ 14:00
講師 テクノシステム株式会社 金田 雅也
タイトル 生産性を向上させる4M分析
形式 Zoom(ウェビナー)
対象 製造現場でカイゼン活動を行うすべての皆様(最大100名)
参加方法 下記参加お申込みフォームよりお申込みください

テクノシステム株式会社 TEL: 受付時間:平日9:00~17:00

[Webセミナー]ITとIoTの活用で現場をデジタル化するコツ
2021/3/24(水) 13:30~14:00

2021-03-19
こんにちは。

ものづくりにかかわる皆様に、デジタル化に関するオンラインセミナーのご案内です。

昨年12月に経済産業省よりDXレポート2(中間とりまとめ)が公表されておりますが、DXへの取り組みはなかなか進んでおりません。

製造現場におけるDXを実現するためにはどうするべきか。
当社では、まず、現場の動きのデジタル化を実現する必要があると考えております。

本セミナーでは、「ITとIoTの活用で現場をデジタル化するコツ」と題して、データ収集からDXまでの流れとデジタル化の進め方について事例を交えてご説明いたします。

ご興味がございましたら是非お申し込みください。

本セミナーは2/24(水)開催:日立システムズ主催セミナー「次世代のカイゼン活動・効率化の実現へ」(2部)
の内容を再編しての放送となります。

前回ご案内後、即時満席となってしまい誠に申し訳ありませんでした。
参加を検討いただいていた方は、今回のセミナーにご参加いただけますと幸いです。
※すでにお申込みいただいた方は同じ内容になりますので、お申し込みにはご注意ください。

 

開催概要

開催日時 2021/3/24(水) 13:30 ~ 14:00
講師 テクノシステム株式会社 金田 雅也
タイトル ITとIoTの活用で現場をデジタル化するコツ
形式 Zoom(ウェビナー)
対象 製造現場でカイゼン活動を行うすべての皆様(最大100名)
参加方法 下記参加お申込みフォームよりお申込みください

テクノシステム株式会社 TEL: 受付時間:平日9:00~17:00

生産性向上支援ツール「 tactism(タクティズム) 」β版リリース ー ベータテストにご参加いただけるパートナー企業の募集開始

2021-03-01

テクノシステム株式会社は、生産現場の生産性向上支援ツール「 tactism(タクティズム) 」β版をリリースしました。つきましては、ベータテストにご参加いただける企業様を本日より募集開始します。

 

製品概要

tactismは生産現場の生産性向上支援ツールです。生産現場の「生産性」を実際の投資対効果の視点から高い精度で算出し、勘や経験に頼らないデータに基づいた改善活動の実現に貢献します。

特長1.現場の生産実績とボトルネック工程の見える化

現場の実作業工数を取得し予算と実績を比較表示します。課題のある工程(ボトルネック)の即時把握が可能です。

特長2.「生産性」を投資対効果の視点から高い精度で算出

生産実績と材料費や作業単価などの構成データをもとに、事業全体および各工程のROI(Return on investment:投資利益率)を自動算出します。精度の高い実績データとして課題の原因追及や改善活動にご活用いただけます。

特長3.いつでも手軽に低コストで導入可能

クラウドサービスのため、スマホやPCなどの情報端末とネットワーク接続環境があればお申し込み即日から簡単に導入が可能です。初期投資や運用保守費を抑えることができます。
 

ベータテスト利用条件

・主要機能(作業工数測定、予実比較、ROI表示)のご提供となります
・ベータテスト期間(2021年6月まで)は無料でご利用いただけます
・製品利用に関するインタビューへのご協力をお願いします
 

連絡先

ベータテストにご参加いただける企業様はこちらからご連絡ください。
tactismサポートチームより詳細をご案内いたします。
リクエストフォーム
 

今後の予定

2021年中の正式リリースを予定しています。
 
皆様の生産現場のより効率的な改善活動のご支援ができることを目指し、引き続き開発を進めてまいります。
 

 
 

[Webセミナー](ユーザー講演)「IoTを活用した品質向上の取り組み」2020/12/9(水) 13:30~14:00

2020-12-08
こんにちは。
テクノシステムで実績班長の営業担当をしている「金田(カナダ)」と申します。
前職では製造業に従事しており、生産管理、現場視える化を主とする、システムの企画・立案・導入を行ってきました。

今まで何度かセミナーを実施してきましたが、特にIoTについては多くの方にご参加いただき、非常に多くのお問い合わせをいただきました。

「IoTで取得したデータをどうやって分析したらいいか」
「予兆検知する仕組みを作りたいが、AIを使わないとできないのか」
「うちの企業規模でIoTをやれるのか」

今回は温度センサーを活用し、グラフを使った見える化で設備異常の予兆検知を実現したユーザー様に、IoTに取り組んだきっかけから、実際にセンサーを設置して分析を進めてきた内容をご講演いただきます。

30分程度のセミナーになりますが、皆様のIoT導入検討の参考になればと思いますので、是非ご参加ください。

なお、本セミナーは製造現場でカイゼン活動を行うすべての皆様が対象です。
ご参加申し込みお待ちしております。

 

開催概要

開催日時 2020/12/9(水) 13:30 ~ 14:00
講師 新協技研株式会社 壁谷 安久様
タイトル IoTを活用した品質向上の取り組み
形式 Zoom(ウェビナー)
対象 製造現場でカイゼン活動を行うすべての皆様(最大100名)
参加方法 下記参加お申込みフォームよりお申込みください

 

本セミナーは終了しました

 

テクノシステム株式会社 TEL: 受付時間:平日9:00~17:00

教育機関向け証明書自動発行機「Attestor」に業界最安値の廉価版が登場!

2020-11-13

テクノシステム株式会社(本社:愛知県豊橋市/代表取締役社長:石井澄晴、以下当社)は、大学向け証明書自動発行機「Attestor(アテスター)」シリーズの廉価版として各種電子決済機能を搭載した「Attestor-ePay」を2021年4月1日より提供開始します。

 

 

「Attestor-ePay」はキャッシュレス決済に対応した証明書自動発行機です。
各種電子決済に特化し現金決済機構を省いたことで従来モデルから大幅なコストダウンを実現しました。高機能モデルである「Attestor」と比較すると証明書自動発行機にかかる買い替えコストを最大30%削減できます
加えて、大学職員の定期的な現金集計業務も削減できるため潜在的なコストダウンを図ることも可能です。

決済方法の拡充は学生ニーズに応えることにもつながります。
消費者庁による全国の大学生4,783人を対象としたアンケート調査「大学生のキャッシュレス決済に関する調査・分析 結果」(令和2年5月)によると、回答した大学生の6割以上が日常的にキャッシュレス決済を利用しており、4割以上が「使える場所の拡大」を希望。具体的な場所としては「すべての場所・たくさん(181人)」に次いで「大学(71人)」を挙げる声が多く、各種電子決済に対応した発行機を導入することは学生サービスの向上に寄与することがわかります。

また、キャッシュレス決済は感染症対策としても有効です。
新型コロナウイルスは紙幣の表面で少なくとも28日間感染力のある状態で存在するとの研究結果が発表されており、今後キャッシュレス決済のニーズが加速することが考えられます(研究参考:CSIRO=オーストラリア連邦科学産業研究機構)。

当社は10年以上にわたり証明書自動発行機を全国の大学に提供してまいりました。
コロナ禍で奮闘する大学のパートナーとして、利用用途や状況に応じて適した発行機を選択していただけるよう、引き続き開発を続けてまいります。

 

機能比較(2020年11月13日時点)


 

提供開始日

2021年4月1日
※予算取りのための情報提供は 2020年11月13日 より開始
 詳しくは営業担当者までお問い合わせください

 

本件に関するお問合せ先

テクノシステム株式会社 営業部
TEL: 050-3818-1755
E-Mail: edu_sales@technosystems.co.jp
お問い合わせフォーム

教育機関向けスマート証明書発行システム「EDCIS(エディシス)」の提供開始

2020-09-07

全国の大学向け文教ソリューションを手掛けるテクノシステム株式会社(所在地:愛知県豊橋市、代表取締役社長:石井澄晴)は、学生が卒業証明書などの各種証明書をスマートフォンから発行し、企業がそれをオンラインで取得できる教育機関向けスマート証明書発行システム「EDCIS(エディシス)」を2021年4月1日より提供開始します。

弊社では、卒業証明書や成績証明書といった各種証明書を学生がセルフサービスで発行できる、証明書自動発行機を全国の大学向けに提供してまいりました。しかし、昨今は新型コロナウイルス感染症の世界的流行で多くの学生が登校を控える状況が続いており、学生が現地に赴き発行機を利用することが難しい状況となっています。このような状況下では、学生は郵送で証明書を取り寄せなければならず、その場合、学生が証明書の発行を大学窓口に依頼してから受け取るまでに数日かかってしまいます。学生の就職活動や資格取得などに際し、証明書発行に係る急な要求に対応できない、依頼が集中した場合に対応に時間を要するなど、発行機を利用できない状況は、学生・職員の双方にとって負担となっています。

この課題を解決するため、発行機が利用できない状況でも学生がセルフサービスで証明書を発行できるスマート証明書発行システム「EDCIS(エディシス)」を開発しました

 

システムの概要

「EDCIS(エディシス)」は、学生が自身のスマートフォンから各種証明書を発行、企業がそれをオンラインで取得できるシステムであり、証明書は電子文書で提供されます。

 

従来の紙媒体の証明書では地紋印刷やコピー防止用紙を利用するなどして偽造防止の対策がなされていました。「EDCIS(エディシス)」では、電子文書のための強力な偽造防止技術である電子署名を搭載し、デジタルデータであっても偽造される恐れのない電子版証明書を発行します。電子署名は、政府機関による公的な認証や電子契約に利用される非常に信頼性の高い技術であり、日本国内だけでなく海外でも有効性が認められている技術です。

 

システム利用者からみたメリット(学生)

 

 

システム利用者からみたメリット(大学)

 

 

提供形態

クラウド版のみの提供となります。利用者はスマートフォンアプリまたはWebブラウザからシステムを利用します。

 

価格

イニシャルコストとして設定費用、ランニングコストとして利用ユーザー数に応じた基本料金が必要です。基本料金で利用可能な機能に加えて、統合認証などの各種アドオンを用意しておりますので、契約内容、金額などの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

 

ご契約の流れ

下記お問合せ先までご連絡ください。

担当者からお客様のご要望に合わせたご提案をさせていただきます。

 

製品発表オンラインセミナー

日時 2020年9月17日(木)および18日(金)10:00 – 10:15 / 13:30 – 13:45 / 16:00 – 16:15

本セミナーの申し込みは締め切らせていただきました。多数のご応募を頂き誠にありがとうございます。またのお申込をお待ち申し上げております。

 

提供開始日

2021年4月1日より提供開始予定

 

本件に関するお問合せ先

テクノシステム株式会社 営業部
TEL: 050-3818-1780
E-Mail: edcis_sales@techno-sala.com

第11回 教育総合展【EDIX東京】出展中止のお知らせ

2020-09-04

第10回 教育総合展【EDIX東京】では、たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

COVID-19 の感染リスクが拡大している状況を踏まえ、お客様やビジネスパートナー様、弊社社員の安全を優先し、2020年9月16日(水)~18日(金) 開催予定の EDIX2020 への出展を中止することにいたしました。

今年もご来場を予定されていた皆様につきましては、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、展示会にて公開を予定していた「証明書自動発行機」「出席管理システム」「授業評価アンケートシステム E-Qs」の製品紹介、2021年リリース予定の新製品の情報につきましては、特設サイトを開設して公開する予定です。

本件につきまして、ご相談やご質問がございましたら、問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

[Webセミナー](事例紹介)「RFIDを活用した在庫管理と出荷検品」2020/9/16(水) 13:30~14:00

2020-08-27

こんにちは。
テクノシステムで実績班長の営業担当をしている「金田(カナダ)」と申します。

前職では製造業で働いており、生産管理、現場視える化を主とする、システムの企画・立案・導入を行ってきました。

前回のWebセミナーでは、多くの方にご参加いただきありがとうございます。

皆さん、こんなお悩みはありませんか?
「棚卸に時間がかかっており、なんとか短時間で終わらせたい」
「大きいものを製造しており出荷時の現品票の確認が大変。簡単に照合できるようにしたい」
「RFIDを利用してみたいが、コストが高くて導入を躊躇している」
RFIDを利用することでどれくらい効率化ができたのか、コストをどう抑えてスモールスタートを実現したか。
お客様にお使いいただいている内容を交え、システム構築事例について説明させていただきます。

今回も具体的な説明をさせて頂きますので、30分程度のセミナーを開催させていただきます。
セミナー内容は、昨今多数お問い合わせをいただいておりますテーマから選択させていただきました。
次回以降は内容未定ですが、皆様からのアンケート内容を参考にさせて頂きながら、継続的に開催させていただければと思います。

なお、本セミナーは製造現場でカイゼン活動を行うすべての皆様が対象です。
ぜひ、この機会にご参加いただけますようお願いいたします。

開催概要

タイトル 第 5回 (事例紹介)RFIDを活用した在庫管理と出荷検品
開催日 第 5回 2020/9/16(水) 13:30 ~ 14:00
講師 営業部 ユニットマネージャ 金田 雅也
前職では、製造業にて製造現場の視える化システムの企画立案を担当
工場長として生産現場全体を取りまとめる
対象 製造業に携わるすべての皆様(最大100名)
参加方法 下段お申込みフォームよりお申込みください

 

 

本セミナーは終了しました

 

« Older Entries
© 2007-2021 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.