全工程で受け入れから払い出しの履歴をとることで入荷から出荷までの「製品トレーサビリティ管理」の実現を可能にします。

製品コンセプト:1.現場重視仕組みを搭載した設計 2.段階的導入で負担を軽減 3.ムダを発見し原価低減への切り口へ 4.業種別テンプレートを利用した基本機能設計 5.上位システムとのリアルタイム連携

なぜ、今実績収集が必要なのか

今までの、「作れば売れる時代」から「何が儲かるのか、儲からないのかを考える時代」

実績収集システム:現場を「見える化」し、スピーディーな「原価低減」活動のサポートを行います。

生産現場でこのような課題はありませんか?

実績を収集する際、手間がかかる

  • 手書きの日報に手間がかかる
  • データを集計するのに手間がかかる
  • 正確にデータが取れない

各工程での生産進捗状況が不明確

  • 計画通りに生産ができずに納期遅れが発生してしまう
  • 納入先からの納期問い合わせにスピーディーな回答ができない
  • 仕掛在庫の量が分からないため、在庫金額が膨らんでしまう

各工程での作業進捗管理があいまい

  • ムダな作業の原因が究明できず、製造リードタイムが短縮できない
  • 正確な作業のスケジュール計画、人員の投入計画が立てられない
  • 不良要因を把握できず、生産品質が上がらない
  • 作業実績データがあいまいで、正しい製造原価を把握できない

テクノシステムでは、生産現場に合わせた実績収集を実現するソリューションをご提案します。
数々の導入実績から得たノウハウを生かし、ご提案から導入・運用支援までトータルにご提供します。

カタログ

実績収集システム
カタログ(945KB)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこのボタンをクリックしてください。

 

© 2007-2016 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.