正確な製造実績をタブレットで収集することで、生産進捗の見える化を目指します。

単機能パックは製造実績だけに特化!とにかく早いスモールスタートを実現。

現場の目線で負荷軽減に拘り開発した唯一のソフトウェア

タブレット利用なら、手書き作業のミス・洩れ・負担を減らし、正確なデータの収集とスピーディな作業日報承認が可能になります。
またリアルタイムに製造状況を正確に把握し、作業の正確な実態をつかむことでリードタイムの短縮化を図り、適切な作業計画をたてることも可能になります。

導入目的

現場作業員の手書き作業日報をデジタル化。

入力作業をデジタル化することで、手間を省き、人為ミスの可能性を減らし、無駄のないスピーディで正確なデータ管理を実現します。

期待される効果

作業(日報)データ入力工数の削減

  • 現場作業時に日報直接登録
  • タブレット等利用による入力業務簡略化
  • → 現場が楽になる

作業(日報)データの正確化

  • システム時刻を利用した着完時刻の正確化
  • リアルタイムデータ反映により日報承認作業の早期化
  • → 管理が楽になる

機能一覧

管理機能 概要
指示取込 CSV一括指示取込
差立・作業手配 作業対象装置の振り分け、作業順序の決定
実績承認 作業実績承認後、基幹システムへ実績通知(選択)
工程進捗監視 装置別/支持別作業進捗確認
実績通知 CSV一括・都度実績通知
指示一覧 当日作業予定(残)一覧の確認表示
指示選択 指示のバーコード読み取りにより指示
作業者選択 作業者のバーコード読み取りにより作業者選択
基本業務 対象作業の開始・中断・再開・終了操作
中断・異常発生時には理由を選択可能
管理単位(個、入り数)ごとの出来高登録

システムイメージ

ハードウェア構成

製造実績単機能基幹連携イメージ

基幹連携イメージ

基幹システム連携はCSVファイルによる定期取込を基本とします。
ご要望により、DBによるI/Fや、Web I/Fを使用した連携が可能です。

製造実績単機能基幹連携イメージ

工程進捗監視(管理イメージ)

工程単位で本日の作業がどこまで終わっているか進捗確認。
オーダー毎に工程進捗確認、マイナス進度の抽出。

製造実績単機能管理画面イメージ

定期的な出来高入力の結果を生産管理板イメージで表示。
管理者による承認作業を実施(バーコード・パスワードで制限)

製造実績単機能管理画面イメージ

端末画面イメージ

通常運用時は本画面のみ使用。工程ごとの作業履歴を登録する。
登録内容は、開始・中断・再開・終了とし、中断時に要因、終了時に結果を登録。

製造実績単機能タブレット端末イメージ

異常等中断発生時の理由選択イメージ。マスタ登録することで、工程単位の設定が可能。

製造実績単機能タブレット端末イメージ

作業工数の考え方

上位のシステムの工程の中を、製造実績収集システム内で詳細分割することが可能。

基幹オーダ システム工程 取得情報1 取得情報2
成形 段取 開始・終了時間 作業者
投入 開始・終了時間 投入資材ロット
投入資材量
検査 開始・終了時間 ためし打ち数
製造
バリ取り
検査
開始・終了時間 生産数
資材使用量
検査結果

工数按分の考え方

工数按分の考え方は、作業者Aが同時に行った作業の重なった時間を作業オーダー数で均等割りします。
重複判断単位は秒となります。

指示番号 8:00 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00







A0000001
A0000002
A0000003

指示番号 8:00 9:00 10:00 11:00 12:00 13:00
A0000001 60分 30分 20分 110分
A0000002 30分 20分 60分 110分
A0000003 20分 20分

カタログ

※カタログダウンロードフォームにジャンプします

タブレット実績収集
カタログ

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこのボタンをクリックしてください。

 

© 2007-2016 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.