外観検査

産業用カメラを使用した外観検査装置です。既製の画像処理装置では不可能な検査にも柔軟な対応が可能です。

特長

産業用カメラを使用した外観検査装置です。
金属、樹脂、ガラス、フィルム、布などのあらゆる材質で加工された製品に対して、鋳巣、キズ、ヨゴレ、打痕、擦り傷、張り合わせ不良などの検査、測長が可能です。

お客様の検査対象ワーク、検査対象範囲、検査精度、製造ラインタクトやスペース、ご予算に合わせて、光学部材(カメラ、レンズ、照明)、検査工程ステージを選定し、最適な検査システムをご提案します。

外観検査ソフトウェアは、自社製画像処理ライブラリを使用しているため、既製の画像処理装置では不可能な検査にも柔軟な対応が可能です。また、外観検査ソフトウェアだけでなく、検査装置としてのご提案もいたします。

機能

<測定>
鋳巣、キズ、ヨゴレ、打痕、擦り傷、バリ、切粉残り、張り合わせ不良など各検査
  精度:お客様ご要望に合わせ提案させていただきます。
良品/不良品の判定
マスターワークの設定
手動検査モード、自動検査モード切替
検査結果表示
  OK/NG、NG理由、検査タクト、その他ご要望によります。
複数品種の対応
測定結果出力(原画像、中間画像、CSVログ出力)
測定条件選択(最大登録数:1000)

導入事例

鋳造品加工時に発生する鋳巣、キズ、ヨゴレ、打痕、擦り傷、バリ、切粉残り、張り合わせ不良検査
部品例(切削加工品:歯車(ピニオン、ギア)他、鋳造品:トランスミッション他)
金属加工品プレス時に発生するシワ検査
金属加工品の穴ピッチ計測、外形測長検査
樹脂成形品加工時に発生する変形、キズ、ヨゴレ検査
ガラス製細管の製造ムラ検査    など

動作環境

お客様の製造設備に合わせてご提案いたします

システム構成

カメラ: エリアカメラ
ラインカメラ
装置: 測定装置に合わせ設計します。
貴社ご都合によりセンサー部分のみ
のご提供も可能です。
   
照明: 測定ワークに合わせ選定します。  
操作:
 
モニタ+キーボード+マウス
タッチパネル
 

© 2007-2016 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.