M2M Box お試しパックへリンク

M2M Boxとは
IoT実現のため、装置から生産実績やプロセス情報を自動で取得するためのボックス(装置)です。

特長

  • 既設装置の制御シーケンスを改造することなく、生産実績を取得可能(最大8装置)
  • 生産実績数が計画数に満たした場合は、生産停止信号出力可能
  • 温度等生産プロセスに関わるアナログ情報の取得が可能
  • Wi-Fi対応可能なため、頻繁なレイアウト変更に対応可能
  • 装置から収集可能な全ての情報をリアルタイムに社内(インターネット)共有可能

M2M Box実用例

・成形機   …成形数、成形温度などのデータを取得。
・プレス機  …ショット数、SPMなどのデータを取得。
・溶接機   …加工数、サイクルタイムなどのデータを取得。
・搬送コンベア…通過数、サイクルタイムなどのデータを取得。

 → 取得したデータは「SCADA」や「データコントロール装置」へ連携

収集データ活用例

M2Mボックス収集データ活用例 アンドン表示

M2Mボックス収集データ活用例:設備稼働率実績、設備可動率実績、製品別投入工数実績、投入工数差異実績

スペック

項目 仕様
電源 AC100V
入力 デジタル 6点
アナログ 2点
出力 リレー10A 4点
表示 3.8インチ タッチパネル式
※カラー・モノクロ選択
インターフェース Ethernet 1
※無線LAN対応可
RS232C 1
RS485 1
外観 寸法 250mm(W) x 250mm(T) x160mm(D)
 
© 2007-2016 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.