先輩社員からのメッセージ

担当業務を教えてください

OA(Office Automation)系のシステム開発の担当をしています。
実際の作業としては、設計(システムの内容検討)、テスト(出荷前検査)を担当することが多いですが、担当するプロジェクトによっては、全体の管理も行います。その場合は、全ての作業工程「要件定義、設計、プログラミング、納品、サポート」に携わる業務となります。


仕事のやりがいを教えてください

一口にOA系のシステムと言っても、お客様の業種・会社によって、必要な知識やルールも異なります。その分、覚えることも多く、お客様の業務内容とシステムをどう組み合わせればよりよいシステムとなるのかを考えるのは大変な作業です。しかし、考えたものがシステムとして完成した時、とても充実した気持ちになります。
弊社のシステムが関与しているのは、お客様の業務の中のごく一部かもしれませんが、システムを通じて、その会社の疑似体験ができるというのは、どの職種でも味わえるものではないと思います。


仕事を通じて経験したこと

多くの部門を経験したことで、アイデアの引き出しが増えたことです。
システムエンジニアとして入社した場合、システム開発部門に所属することがほとんどですが、私の場合、FA(Factory Automation)系開発担当(システム部門)→採用担当(人事部門)→OA系開発担当(システム部門)と、社員の中でも経歴としては若干異色かな?と思います。
その中で分かったことは、「今まで培ってきた経験や考え方は分野が違っても活かすことができる」ということです。作業や考え方にはそれぞれ理由があります。ただその作業を覚え、実行するのではなく、理由や意図を理解することで、分野が違っても、「あ!これ使える!」と気づくことが出来るようになりました。


職場の雰囲気

個性的な仲間が多く、自分自身では持っていなかった発想に驚かされることもあり、常に刺激があって楽しく仕事ができています。同僚や上司と休日に集まることもあり、友人にその出来事を話すと、「信じられないくらい仲がいいね」と驚かれます。テクノシステムでの経験しかない私にとっては普通のことですが、他の会社よりも社員同士の仲はいいのではないでしょうか。
一方、ひとたび仕事となれば、なあなあになることはなく、先輩後輩関係なく、活発な意見交換が行われます。メリハリのある職場です。


テクノを選んだ理由

内定をいただいた際、採用担当の方に「今不安になることはないよ、会社に入ってから一緒にがんばっていこう!」と背中を押してもらったことです。大学では情報科学を専攻していましたが、正直なところ、プログラムは苦手で、就職活動の時もIT企業は受験しない!とまで思っていたほど。サーラグループの別会社の説明を聞くために合同説明会へ参加し、テクノシステムという会社があることを知りました。大学の友人たちがIT企業を中心に就職活動を行っていたので、私も1社くらいは…という気持ちで受験しました。
選考が進む中、面接の際に、「きちんと人間性を見てもらえている」「私の話を真剣に聞いてくれている」と感じたことで受験しない!と思っていた業種でしたが、入りたい会社がそこにあったと気づくことができました。


未来の仲間へのメッセージ

システム開発のイメージとして、1人で黙々と作業をして…と思われがちですが、システムを作るのは「人」で、テクノシステムはその「人」のつながりを感じられる会社だと思います。
個性豊かな仲間とともに多くの経験を積み、ぜひ、一緒によいシステムを造りましょう。


その他の先輩の紹介をみる

© 2007-2018 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.