先輩社員からのメッセージ

担当業務を教えてください

ソフトウェアエンジニアとして、大学向け証明書発行機の開発を担当しています。
「要件定義、設計、プログラミング、納品、サポート」と全ての作業工程を担当し、プロジェクトを管理・推進しています。大学側の担当者と一丸となって、品質の良い製品づくりに励んでいます。


仕事のやりがいを教えてください

プロジェクトの規模によっては、一人でプロジェクトを担当することもあります。プロジェクトの管理は、品質・コスト・納期・サービスの視点から、PDCA(Plan:計画、Do:実行、Check:評価、Action:改善)サイクルで行っています。時には、試行錯誤しながら計画を立てる事もありますが、計画通りに作業が進み、納品まで完了した時の達成感はとても大きく、さらに、納品した製品に関して、お客様から「業務の負荷が格段に減った」「分かり易く使い易い」と感謝されると「人の役に立っているんだな」と実感が湧いてきます。そんな、責任があり、人の役に立てる業務を担当できることにやりがいを感じています。


仕事を通じて経験したこと

私は中途採用でテクノシステムに入社しました。
以前の会社では、社外の方と接する機会はありましたが、社内の作業は既存プログラム修正のみと単調な作業ばかりで、いわゆるプログラマーでした。
テクノシステムに入社してからは、システムエンジニアとして「要件定義、設計、プログラミング、納品、サポート」の経験だけでなく、プロジェクトの管理手法も学ぶことが出来ました。


職場の雰囲気

前の会社に比べ、テクノシステムでは年齢や役職に隔たり無く、個々の意見を主張し易い職場であると感じました。
会社のコンセプト「個人を尊重し配慮をする」にもあるように、一方的な意見の押し付けはなく、お互いの状況や立場を理解した上で発言したり、物事に取組める環境です。そのため、技術職は暗いイメージを持たれがちですが、実際は活発な意見交換が繰り広げられる、明るい職場だと感じています。


テクノを選んだ理由

テクノシステムはサーラグループの一企業です。そのため、給与・福利厚生(待遇)が安定しており、安心して長く働ける環境であると思ったからです。また、幅広い事業内容においても以前の会社の経験を活かすことができるだけでなく、自分を成長させてくれると感じたことです。


未来の仲間へのメッセージ

中途採用にも関わらず、私が持っていた専門知識・技術知識は非常に乏しく拙いものでした。
それでも、今まで続けることができたのは面倒見の良い上司・先輩に恵まれたこと、また、少しでも成長したいと思う「向上心」と「好奇心」を持ち続けて業務に取り組んできた賜物と自負しています。
この業界は「未経験者には無理」と敬遠されがちですが、「意欲」さえあればシステムエンジニアとして活躍できるようになれます。是非テクノシステムで共に成長していきましょう。


その他の先輩の紹介をみる

© 2007-2018 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.