先輩社員からのメッセージ

担当業務を教えてください

最近では、当社として売り出し中の「実績班長」というパッケージ製品を中心に営業しています。もちろん、お客様の要望にマッチしたスクラッチシステムの提案営業をすることもあります。「実績班長」とは当社独自のネーミングで、「ニッポンの現場に情報技術のチカラ」を合い言葉に、「現場の班長を強力に支援するシステム」を製品コンセプトとした当社オリジナルのソフトウェア製品です。


仕事のやりがいを教えてください

営業として一番嬉しいのは、何と言っても「契約を獲得できたとき」です。これは、私を含めた当社に対するお客様からの信頼の証ですから。また、その喜びをより大きくするのは、「お客様のためにどれだけ真剣に向き合って取り組めたか?」であると思っています。だから私は「お客様のために考えに考え抜く」「決して手を抜かない」「でも行動は迅速に!」を日々心掛けて仕事に取り組んでいます。その結果として、「契約」という目に見える形となって表れたとき、とてもやりがいを感じます。


仕事を通じて経験したこと

入社直後の配属は「第1システム部」。この部署で2年ほどFA(Factory Automation)系のシステム開発を経験しました。営業部への異動の際には、正直に言えば多少びっくりしましたが、持ち前のポジティブ思考で心機一転がんばろう!と思いました。ところが、やはり営業という職種はこれまでとあまりにも勝手が違い、最初は戸惑うことも多くありました。そんな中、優しく手を差し伸べてくれたのは、営業部の先輩方でした。時に厳しく、時に丁寧に、私のために多くの時間を割いて助けてくれました。「早く期待に応えたい!」と知識を身に付け提案の幅を広げるためにいろいろな本を読み漁ったり、効果的なプレゼンとはどんなものか?などを研究したりしたことを思い出します。大学時代にはあまり気がつきませんでしたが、様々な年代・立場・役割が存在する会社という組織の中で、互いに助け合い、影響し合うことは、人間としても大きく成長できる場なのだと身をもって実感しました。


職場の雰囲気

営業ということで普段は外出することも多いのですが、社に戻れば「お疲れさま、今日はどうだった?」とか気軽に声をかけてくれます。プレゼンが思い通りに行かなかった日には、やっぱりへこんでしまう私ですが、温かい声掛けに「次は絶対にがんばろう!」という気持ちになります。ソフトウェア開発と聞くと、黙々とパソコンに向かっているイメージを持つかもしれませんが、当社の場合、進捗会議、仕様打合せや提案書レビューなど、人と関わっている時間の方が長いくらいです。また、結構みんな面倒見が良くて、技術的な相談をしたときなんかは、「こういう方法もあるよね」などと、いくつかの案を授けてくれたりします。ひとたび仕事の場を離れれば、普段厳しい先輩の「こんな一面もあったんだ!」と発見があることも。私にとっては、面倒見が良く、風通しの良いところがテクノシステムの良い社風だなと思っています。


テクノを選んだ理由

大学の授業でプログラミングに触れ、「プログラミングができればこんなことができるんだ」という驚きと、その可能性に惹かれたことで「システムエンジニアとして働きたい」と思ったからです。それからは「地元就職、システムエンジニア」に条件を絞り込んで就職活動をしました。業界研究を進めるなかで、システム開発業界では「主にシステム設計をメインとする会社」と「主にプログラミングをメインとする会社」「その両方を一貫して行う会社」があることを知りました。テクノシステムはまさに「その両方を一貫して行う会社」でした。そして他と違ったのは、FA分野・OA分野・文教分野・Web分野といった、異なる分野にまたがって幅広くシステム開発を手掛けているところです。それぞれの分野で培ったノウハウが相互に活かされている点に大きな魅力と可能性を感じました。


未来の仲間へのメッセージ

「意志あるところに道は開ける。」とは有名なリンカーンの言葉ですが、システム開発もまったく同じです。もしも「これまでのプログラミング経験が無いからシステムエンジニアは無理かも・・・。」なんて思ってしまって諦めていたとしたら、とてももったいないことです。そして、テクノシステムには、新たに加わるあなたの成長をサポートする「仕組み」「人」「環境」があります。なりたい自分像の中にシステムエンジニアがちょっとでもあるのなら、是非飛び込んできてください。「若さ・元気」大歓迎です。一緒にがんばりましょう。


その他の先輩の紹介をみる

© 2007-2018 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.