機能紹介
  1. ダッシュボード機能

    どんな分析にも対応できて、さらに使いやすい。それこそが、MotionBoardが目指した答えです。
    表現力豊かなダッシュボードや、過去のデータと組み合わせた多様かつ効率的な分析など、ノンプログラミングで意のままに使いこなせる機能が満載です。

  2. 豊かな分析機能

    ドリルダウン(データの掘り下げ)やドリルスルー(明細レベルの表示)、などのOLAP分析機能を網羅しています。既に集計された数字を見るだけでなく、より詳細なデータの確認や、切り口を変えたデータ集計を自由に繰り返し行うことが可能です。ユーザー視点で多角的な分析を行うことにより、仮説の検証や原因の特定に役立ちます。

    レイヤーチャート

    複数のチャートを、重ね合わせて相関関係を見いだし、仮説・検証を行いながら、新たな気付きを生み出していきます。

    ドリルダウン&ドリルスルー

    ドリルダウン機能により、気になったポイントを掘り下げ、異常値の発生原因を探索。ドリルスルー機能でポイントの明細を出力します。

    リレーション機能

    1つのアイテムから、複数のアイテムを連動させる事で、1クリックでさまざまな角度での詳細確認が可能となります。

    シミュレーション機能

    発生した課題の解決のためには、どのパラメータをどのくらい改善すればよいかを、スライダーバー等でシミュレートします。

  3. リアルタイムモニタリング

    様々なデータソースに直接接続し、リクエストに合わせて集計結果をダイナミックに可視化します。データベースやDWHなどのシステムに追加された最新データをリアルタイムに反映するため、状況の変化をいち早く捉えることができます。またインメモリ化技術で膨大な情報でも高速に処理します。

    アラート&メール配信機能

    設定したしきい値により、アラートを発生させる事が可能です。タスク機能によりアラートを監視し、発生タイミングで社内メール環境を経由した、メール配信機能も搭載しています。

    自動リフレッシュ

    設定した間隔で、チャートや画面全体を再読み込みする機能を搭載しているため、その都度の最新データを取得し表示します。
     

    リアルタイム表示機能

    設備のセンサーデータをリアルタイムに可視化、モニタリングが出来る環境が構築できます。設備の予防保全にも力を発揮します。

    イメージマップチャート

    工場画像上に、稼動状況などのデータが異常値に達した箇所を点滅させ、その箇所をクリックすれば、詳細の確認画面へ遷移します。

<エンジニアリングパートナー> ウイングアーク1st株式会社
 
© 2007-2019 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.