日本の生産管理は、「ものづくり」と「サプライチェーン」の双方を支えるマネジメント&現場コントロールの仕組みの中核であり、ERP、SCM、MES の領域をカバーして発展してきました。
MCFrame はこのような日本の生産管理と共に歩み続け、そして、最新のIT基盤をベースにMCFrame XAが生まれました。MCFrame XAは、日本の製造業が抱える様々な課題解決のノウハウや工夫、さらに「日本の生産・販売・物流・原価管理」にとって最高のデータモデルを最新のSOA基盤上に組み込んだグローバル対応ERP×SCMパッケージです。

ご提案システムの対象範囲

販売管理

販売計画
需給管理
受注・出荷管理
発注・入荷管理
債権管理
債務管理
在庫管理

生産管理

生産計画
購買管理
製造管理
外注管理
品質管理
債務管理
在庫管理

原価管理

標準原価
予算原価
実績原価
実際原価
原価差異分析
利益分析
レポート

経営管理

連結データ変換
連結実際原価
連結利益分析
レポート

共通機能

マスタ管理
権限管理
履歴管理
承認ワークフロー
自動仕訳

開発環境

FrameManager

ツール

MCFrame/Report
PowerStart

他システムLink

会計 Link
A.S.I.A.
EDI Link
スケジューラ Link
FLEXSCHE
MES Link
実績班長
BI Link
・Dr.Sum EA
スマデバ Link
・i-Reporter
BOM Link

特長

グローバルSCM 戦略を実現する基幹システム MCFrame XA

MCFrame XA は、Java EE(企業向けJava 開発プラットフォーム)をベースにしたフレームワーク構造を採用しており、次のような特長を有しております。

  • グローバル対応
  • 国際化(マルチ言語・通貨・国)対応により、グローバルSCMの統合管理を迅速に構築。

  • マルチカンパニー対応
  • マルチカンパニー対応により、データレベルで法人を区別し、複数法人の統合管理が可能。

  • 多彩な業務要件対応
  • 日本の製造業の長年の経験とノウハウを蓄積し、基幹業務システムとして多彩な業務要件に対応できるフレームワークがベース。

  • スケーラビリティ
  • 大規模基幹システムに相応しい実績豊富なJava EEアーキテクチャを採用。SOAに対応し他システムとのWebService連携を容易に実現。

  • システム操作性
  • リッチクライアントを採用し、パーソナライズ機能にみられる優れたユーザビリティにより、実行系システムに要求される高い操作性を実現。

  • 高い開発生産性
  • XA FrameManager(開発ツール)の最新技術(継承開発、DBコンテナ、部品化)により、高い生産性と保守性で開発作業を強力にサポート。

構成イメージ

権限管理、操作履歴管理などの共通機能を開発者が意識することなく高い品質で実装可能

MCFrame XA のシステムアーキテクチャーは、Java ベースのXA FrameManager を使用しており、MCFrame XA シリー ズ製品の個別カスタマイズ、または、新たな業務サブシステムの追加開発の際にも、操作性、権限管理、操作履歴管理などの共通機能を開発者が意識することなく高い品質で実装できます。

<エンジニアリングパートナー> 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

 
問い合わせ・資料請求

© 2007-2016 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.