SECS通信ライブラリ(PowerCIM)

SECS通信ライブラリは液晶・半導体製造工場における製造・検査・搬送装置向けにホストコンピュータとSECS通信規格(SECS-Ⅰ/HSMS)に準拠した通信を行うアプリケーションを開発するのためライブラリソフトウェアです。

特長

  • SECS通信が容易に構築可能
  • HSMS/SECS-I通信の細かな知識がなくても、通信パラメータ・通信メッセージ定義を対話形式(GUI)にて容易に設定可能
  • 通信メッセージがアイテム単位のため、複雑なSECS手順を意識することなく構築が可能
  • 仮想通信を可能とするシミュレータ機能にて簡単に動作確認が可能
 
  • 効果的なアプリケーション開発
  • アプリケーションインターフェースは、VisualBasic、VisualC++、C#.net、VB.netなどのOCX対応ソフトを使用できるため、開発が容易
  • 標準装備のサンプルアプリケーションヘルプ機能
  • 多彩な機能を持った通信ログを標準装備

機能

  • 各種設定
  • 1.通信パラメータの設定
  • 2.メッセージ定義の設定
  • 通信ログ
  • 1.緻密な解析を可能とするログ登録
  • 2.SECS通信のプロトコルもログへ登録
  • 3.抽出機能、検索機能で多彩な参照が可能
  • 4.3タイプの表示(ツリー、バイナリ、ダンプ)が可能
  • シミュレーション機能
  • 1.アプリケーション向けの定義を利用し、通信相手側のシミュレーション機能を容易に実現
  • 2.受信メッセージに対するオートリプライが可能
  • 3.シミュレーションレベルの変更により自動応答が可能

システム構成図

 
© 2007-2016 TECHNO SYSTEMS,Inc. All Rights Reserved.